兵頭〇〇を救いたい

元消防士です。下手くそな言葉が誰かや何かを救えたらいいなあ

消防士になりたい人必見!!消防士のやりがい3選

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/06/01/03/firefighters-1717916_960_720.jpg

  • 消防士って体力のある人しかなれないんじゃないの?
  • 消防士って24時間寝れないんでしょ?
  • 消防士ってやっぱりモテるの?

公務員ということもあり、人気が高い消防士。

しかし、その実態は意外と世間に知られていなかったり・・・

  

消防士を志す人向けに、私が思う消防士のやりがいを3つご紹介します。

 

  <目次> 

 

 

もちろん1番は災害出動

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/24/09/11/firetruck-1538107__340.jpg

僕が消防士を目指した1番の理由がこれです。

ほとんどの人は、一生で数回しか出会わないであろう”災害現場

 

人々が逃げ出す場所に、逆に向かって行き人助けをする

これがやりたくて消防士になりました。

 

ひとえに災害現場といっても、その種類は多岐に渡ります。

火災に始まり、交通事故、水難事故、山岳事故・・・

 

また、災害現場の特性として、”同じ現場は二度とない”です。

つまり、現場でやることは毎回多少なりとも変わってくるわけです。

 

訓練を積んでるとはいえ、毎回変わる事故現場に緊張します。

出動指令がなる度に気持ちにスイッチが入りました。

 

「どんな事故だろうか?」

「場所はどこだろう?」

「資機材は何が必要か?」

「このメンバーなら自分はどこの活動を任されるか?」

 

いくつものことを隊員それぞれが頭の中で想定しながら、装備を整え車両に乗り込みます。

各隊が準備を整え、いざ出動

 

指揮隊、消防隊、救助隊、救急隊

 

全隊が一斉に赤色灯とサイレンを鳴らし、走り出す

まさに圧巻です 

(新人時代、初めて見たときは身震いしました) 

 

そんな多種類で毎回異なる現場に対応するべく、消防士たちは日々訓練を積み重ねているわけです。

 

日々の辛い訓練も、現場でスムーズに活動できたときは心からやりがいを感じますよ!

 

 

女の子にモテる!?

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/06/12/12/08/model-2395394__340.jpg

消防士といったら・・

引き締まった体に、場を盛り上げるトーク

 

更に、公務員ということもあり、やっぱり女性には人気があります。

(※地域差あり笑)

 

 

現場や訓練時には、恐ろしい先輩もこの手の話になると優しく相談に乗ってくれたり。

数々の修羅場をくぐり抜けた(いろんな意味で)経験豊富な先輩たちからお話を聞ける。

これも魅力の一つだと思います。

 

そしてやっぱり休みの多さ!?

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/04/28/13/41/sunday-1358907__340.jpg

消防士の勤務体系って意外と複雑なんです・・

また、その消防本部の規模によっても異なるため、同じ県内の消防本部でも勤務体系は全然違ったりします。

 

消防士を志す方は、必ず勤務体系についても事前に問い合わせて見てくださいね。

  

一例として、

私の勤めていた消防署の場合(2部制)↓

 

当直→非番→当直→非番→当直→非番→週休→週休

 

 

基本的にこのサイクルでした

 

それぞれを説明すると・・

 

当直 

 朝8時25分に前日勤務していた職員と大交代(勤務開始)

 そして、翌朝の8時25分に再び反対の班と大交代(勤務終了)

 

非番

 当直明けと言います

 8時25分に交代後、翌日の8時25分まではお休みとなります

 

 ここで趣味を満喫したり、家族サービスをします。

 

 ところが、前日の当直の深夜

 ここで大きな災害があった場合は、遊びどころではありません・・・

  帰ったら、速攻寝ます。

 

  若手の職員だと、当直後、寝るという習慣がついてしまい、

 当直→睡眠→当直→睡眠という、何の面白みもない(偏見)負のスパイラルに陥ってしまう人も多々います笑

 

 

週休

 

 非番の後、二日間丸々お休みです。

 非番と合わせると、三連休のようなものですね

 

 つまり・・・

 月に4回は三連休があるわけなんですね!!

 

 これはもう、旅行好きな人や、趣味を満喫したい人間にはたまらないはずです!

 (ただし、金が尽きます・・金のかからない趣味を見つけよう!!)

 

 

 もちろん、先輩方は、多くの趣味を持ってます!

 私も消防士になってから、趣味がかなり増えましたよ!!

 

 

 

指定休

 

 何じゃそりゃ?休み?まだ休みがあるのか!?

 

 

 そうなんです!!細かい説明は抜きにして、基本的に月に一度、このサイクルの好きなところに休みを入れることができます。

 

 つまり・・・

 さっきのサイクルでいうと、

  

  ○当直→非番→当直→非番→当直→非番→週休→週休

 

 この赤字の部分を指定休とすると・・・

 

 ○当直→非番→当直→非番→指定休→週休→週休→週休

 

 

  5連休!?

 ゴールデンウィークやんけ!!

 

 

 そうです。月に一度ゴールデンウィークが作れます

 

 

 ここまで読むと、消防士って全然仕事してないじゃん。給料ドロボー?

 こう思う方も出てくるかもしれません

 

 しかし、当直勤務は24時間勤務ですので、1ヶ月の拘束時間で考えたら、消防署でかなり拘束されています。

 更に、その24時間は、いつ出動指令がかかるかも分からない緊張勤務

 決して楽な勤務ではありません。

 

 

 

 オンはしっかり働き、オフは思いっきり休む

 

 これもやっぱり消防士の大きな魅力の1つですね〜

 

 

 

最後に・・・

 

 どうでしたか?

 

 私は辞めた今でも、消防士は最高の仕事だと思っています。

 やるときはやる!遊ぶときは思いっきり遊ぶ・・

 先輩たちもそんな魅力的で頼れる人ばかりです

 

 

 将来に悩んでる方は、是非、消防士も候補に入れて見てくださいね!