兵頭〇〇を救いたい

元消防士です。下手くそな言葉が誰かや何かを救えたらいいなあ

〈高知県〉幻の"碁石茶"を作ってきた話①

f:id:hyodo1995:20170812133342j:plain

皆さん今日もこんにちは。

湿度のせいなのか元からなのか、最近髪の毛がチリッチリの兵頭です。

 

突然ですが、"碁石茶"ってご存知ですか?

高知県が唯一生産している”幻のお茶です。

乳酸菌の含有量がかなり多く、健康にも良いとあって、今バカ売れしているお茶なんです。

 

今年の碁石茶作りに参加してきたので、今回はそのお話を! 

  <目次>

 

「幻の?伝説の?とにかくすごいお茶」

f:id:hyodo1995:20170812134506j:plain

まず、"碁石茶"について説明していきたいと思います。

そんなの知ってるよ!という方は、ハンドスピナーでも回して時間潰しといてください。

どこで作っているの?

碁石茶は、高知県長岡郡の大豊町という町でのみ製造されています。
(日本で唯一の生産地)

f:id:hyodo1995:20170812135559p:plain

 

大豊町に数カ所ある碁石茶畑で茶刈りをし、刈った茶っ葉を同じく大豊町にある作業場に持っていきます。

そこで「蒸し、カビ付け、漬け込み、裁断、乾燥」の作業をして、碁石茶が完成。

 

どういうお茶なの?

碁石茶の名前の由来は、出来上がった形が囲碁の碁石に似ていることからつけられたそうです。

http://www.m-ys.co.jp/goisityaootoyo/img/goisitya-keiryo.jpg

「そんなに似てなくないか……?」

一緒に作っていたおばちゃんに聞いてみると、昔は丸く作っていたんだって。

なるほど、それなら”碁石”ですね。

 

碁石茶は、テレビや雑誌でも取り上げられており、供給が追いついていない状態。

中には、直接個人的に電話してくる方もいるそうで、空前の碁石茶ブームが到来しています。

 

では、なぜこんなに人気なのでしょうか?

 

秘密は、碁石茶の成分にあるようです。

  • 乳酸菌の含有量がすごい!腸内を調子良く
  • インフルエンザ予防効果あり
  • コレステロールを下げる効果も!?
  • 碁石茶ならではの製法により、便秘も解消!?

碁石茶を定期的に飲むことによってこれだけの効果が期待できるんだそう!!

※試してないので、本当かどうかは知りません笑

 

↓のサイトに詳しく書いてあります。(興味のある方はクリック)

lifestyle-next.com

 

僕は、便秘→ひどい下痢→便秘→ひどい下痢を常に繰り返しているので、便秘解消効果は嬉しい限りです。
(もう少し安くなったら買おう……)

 

味は?味は美味しいの?

f:id:hyodo1995:20170812182729p:plain

碁石茶は、ワインと作る工程が似ているから少し味も似ているよ

こう説明されて、初めて碁石茶を口にしました。

 

香りは少し酸っぱいような少し鼻に通る匂い

見た目は、少し薄い麦茶のような色

そして味は……

 

ん?

美味しくない……

 

 

 

そうなんです。碁石茶単体だと、飲みづらいんです。(僕は

酸味が強くて、舌に残る感じです。

 

しかし!甘いお菓子と食べると全然違います。

さっきまでの酸味が甘さと中和して飲みやすい!うまい!

甘菓子の甘さが口から消えると……

 

 

すっぱい!!

なんで幻なの?

遡ること数十年前……

碁石茶農家さんが1軒のみになってしまいました。

碁石茶を求めてくる人はいたものの、農家さんが1軒しかない以上、ほとんど市場には出ない。

そんなことから幻のお茶と呼ばれるようになったそうです。

 

http://884hasiru.com/wp-content/uploads/2017/03/ku_sc_03_1.jpg
碁石茶協同組合から引用

 

碁石茶の作業工程

 上でちらっと書きましたが、

  1. 碁石茶の栽培
  2. 茶刈り
  3. 蒸し
  4. カビ付け
  5. 漬け込み
  6. 裁断
  7. 乾燥
  8. 包装

作業の流れはこんな感じです。
今回、僕が関わったのは、1.栽培と6.裁断以外の全ての工程です。

 

 

これら、作業の内容や体験した感じは明日書きまぁぁぁす。

 

 まとめ

  • 碁石茶産業は1度終わりの危機を迎えたことがある
  • 碁石茶は高知県の大豊町でしか作られていない
  • 味は……甘いお菓子と食べると最高
  • 期待される効能が半端じゃない!研究によって裏付けもされている!?

どうでしたか?

碁石茶に興味を持っていただけたでしょうか?

 

高知に来たら、いや来なくても1度は飲んでみてください!
きっと僕の味の表現がお分かりいただけるはずです。

 

 

 

明日は”碁石茶の作業”について書く予定です。

それでは!